蒲田カルチャートークとは

​東京都大田区蒲田を拠点に、大田区にゆかりのあるヒト・モノ・コトをきっかけに、トークイベント形式でカルチャー情報を発信しています。

東京の南の”へり”大田区蒲田を拠点にした新しいカルチャー系トークイベント。ものづくりが盛んな「匠のまち」、空の玄関で鉄道も多い交通の要衝、「キネマの天地」でかつての文化の最先端・・・と様々なポテンシャルがありつつも、どこか正体のよく分からないカオスな大田区。そんな大田区に縁のあるヒト・モノ・コトを媒介に、その道の達人をお招きしてあらゆる分野を掘り下げていくのがこのイベントです。


2019年5月 JCOM「デイリーニュース大田」で紹介されました

新着情報

大田区は金属加工などを中心とした約3500の工場があり、高い技術力で知られる「匠のまち」でもあります。そんな工場で働く女性にゲストとしてお集まりいただき、...
image-5437
Jul 16, 2019
サウナに、交互浴に、いや夏はダイレクトに!銭湯・サウナ人気が高まる中でひときわ熱い視線を集める存在、それが「水風呂」です。サウナをテーマにしたドラマ「サ道...
image-5436
Jul 16, 2019

これまでのイベントを紹介

蒲田レディタウンナイト

かつては大人の社交場として栄華を極めたキャバレー。蒲田にも最盛期には20軒を超えるお店があったといいます。そのなかで2017年8月と最後まで営業を続けたのが「レディタウン」。ゴージャスな内装はたびたび映画やドラマの撮影に使われるなど、本格的なキャバレーであった一方、老舗ゆえに年配のホステスさんが多く、そのこともよく話題に上る名物店でした。蒲田レディタウン、そしてキャバレーとは何だったのか・・・昭和の文化を令和のいま、たっぷりと語るイベントです。

銭湯の聖地で! 蒲田銭湯ナイト

​東京23区ではもっとも銭湯の数が多いのが大田区。まさしく銭湯の聖地と言っていいでしょう。進化する最新銭湯事情や、大田区のお勧め銭湯をピックアップし、いまだからこその銭湯の楽しみ方を伝えます。

▼パネラーによるいまオススメの銭湯ベスト3

▼パネラーによる「個人的銭湯ニュース」

▼マイ入浴スタイルを大公開

▼こんな銭湯が欲しい

主催者プロフィール

Icon6

蒲田カルチャートーク主宰・MC。編集者。

大田区蒲田在住。1975年、佐賀県生まれ。

本、映画、テレビ・ラジオ、街歩き、食べ歩きなど関心の幅は広く、2015年より都内のトークライブハウスでサブカルなどをテーマにイベントを主催。18年に「蒲田カルチャートーク」を立ち上げるほか大田区の地域振興を目指した事業を展開。

趣味のクイズでは、1995年にアメリカ横断ウルトラクイズ優勝者を倒して「アタック25」優勝、2018年にBS朝日のクイズ&トーク番組「クイズ・モノシリスト」に準レギュラーとして出演。